ランチェスター戦略に関する基礎知識

戦争におけるコレは法則ではあるが、競合にたいしてビジネスも勝ち・負けが決まる一種の戦いとしてとらえると、企業の取るべき戦略がこのランチェスターの法則から見えてくる。
イギリスのフレデリック・ランチェスターにより考案をされたランチェスターの法則とは、軍事行動における方程式である。

 

ビジネスでみると、はば広い分野に強者は資本を投下するコトで弱者の行動を防ぐことができる。逆に特殊な市場(ニッチな分野)に弱者は特化し、そこまで手を回す余裕のない大企業の隙を突いて資本を集中するコトによって、のし上がれるのである。
「一騎 討ちの法則」(第一法則)と「集中効果の法則」(第二法則)からこの法則は、なってる。
弱者を力を総動員する事によって圧倒をするのである。反対に弱者の側の戦略としては、一つの分野に集中をして特化する。
この法則を一言で表わすとすると「兵力が多い方が武器の性能が同じであれば 勝つ」というもの。
力を狭い戦場で一点に集中をさせることで強者を打ち破るのである。

 

基本的には強者が取るべき戦略は、追随戦略。
そこから、どうゆう戦略を強者は用いれば良いか、反対にどうゆう戦略を弱者はもちいれば良いか、という事を導き出してる。
ココから導き出せる作戦は、強者は戦争では包囲戦や正面攻撃が有効であり、奇襲や一点突破などで弱者の時はある。


ホーム RSS購読 サイトマップ