ランチェスター戦略に関する基礎知識

ランチェスター戦略とは元々、「戦争において兵力に劣る弱者が、兵力に優れた強者に勝つための条件と法則」をまとめた戦略概念です。

 

この戦略概念は経営にも応用をされ、1970年代に松下幸之助氏がいちはやく導入して企業を率いその後、キャノン、ブリヂストン、花王、イトーヨーカドーなどの幾つもの企業も導入した事で有名です。

 

ここ最近ではSoftBankの創業者である孫正義氏やドトール・コーヒーの鳥羽博道氏、H.I.Sの澤田秀雄氏が創業間もない時期にランチェスター戦略を経営に応用して成長をしたことは有名な話です。
大手企業には人・モノ・金・情報といった経営資源が豊富にあるんですが、小さな会社とかお店ではこれらの経営資源は限られています。そのため、中小企業と大手企業では元々、採用して実行をすべき経営戦略がことなります。

 

コレはランチェスター戦略を勉強したことのある方だとすればすぐに理解できる当然の事なのですが、じつはほとんどの中小企業経営に関わってる社長さんや経営の幹部、店長、オーナークラスの方はこのことを分かりていません。

 

そして、日本の経営者の中で戦術と戦略の区別がつくのは1,000人中に3名位しかいないといわれてます。


ホーム RSS購読 サイトマップ