ランチェスター戦略に関する基礎知識

1位を取るのはビッグキーワードでは殆んど無理な事が多いデスし、なかなか2位だって取れるものではありません。

 

しかし組み合わせ次第ではスモールキーワードであれば1位を取る事が出来ます。
1位というのは全体的な検索数が少なくても、それだけ力があるという事デス。
1位が多数のスモールキーワードで取れれば、全体ではそれが集まってかなりのアクセスになります。

 

やる事は簡単です。「訪問者のためになる記事をひたすら書き続ける」という事だけなので、是非実践してみてください。

 

スモールキーワードの組み合わせからアクセスの80%は生まれるとも言われていますので、このようなロングテールSEOをビッグキーワードより意識した方が効率的ですね。

 

その有効性がロングテールSEOに関して解説をしてきましたが、おわかり頂けたでしょうか?

 

長期的に見た時に日々のこつこつ作業が大きな差になりますので、シッカリ毎日の作業をこなしていきましょう。

 

このロングテールSEOがこれからのSEOは主流になるでしょうし、一番この手法で集めたアクセスが報酬に繋がります。

 

ただたくさんの記事を書かなければならないという手間と効果が期待出来るのに時間がかかるという点があるので簡単にとはいきません。

 

 

検索順位の話となりますが、実は検索数の少ないキーワードの1位の方が検索数の多いキーワードで2位を取るより、アクセスが多いという情報があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ