ランチェスター戦略に関する基礎知識

マーケティングとはそ れでは一体どうゆうものでしょうか?

 

企業は、コスト以上の価格でクライアントに商品やサービスを提供することで利益という儲けを形で手に出来ます。一方でサービスや商品に対し代金を払っても、クライアントはそれ以上の価値が得られれば儲けたという満足感を得る事が出来ます。
「市場調査のことだ」「商品やサービスをテレビや新聞、雑誌などで宣伝することだ」など、巷ではマーケティングに関して実に多種多様なイメージが持たれています。
マーケティング活動の研究とか日本で調査を行っている日本マーケティング協会によれば「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、マーケティングとは、相互理解を顧客との得ながら、市場創造のための公正な競争を通じて行う総合的活動である」と定義しています。

 

マーケティングとは、「儲け続ける仕組みを作ること」。

 

マーケティングの本質がこの言葉に凝縮されてます。ただ、儲け続けるのは自社のみでなく、ここで重要なのは顧客も儲け続けなければいけないという事で す。つまり、自社とクライアントの間にWin-Winの関係を永く築くつくりとマーケティングとは、言い換えることができるのです。

 

「マーケティングってやっぱり難しいんだな……」とこうした定義を目にしたと感じる方もいるかも知れませんが、本当のところマーケティングの本質は非常にシンプルです。

 

間違いではそれ自体ないのですが、マーケティングのマーケットリサーチやプロモーションなどは一部の機能であって、全体を表している訳では無いのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ