安価にデータ通信ができる格安SIM

安価にデータ通信ができる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げると通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。

一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

格安SIMで.com